新QC七つ道具企業への新たな展開

実践事例で学ぶN7の活用

猪原 正守著
A5判208頁
定価 3024円(税込)
ISBN978-4-8171-9380-3
買物カゴへ

【主要内容】
 新QC七つ道具は(略称:N7)は、主に言語データを扱う手法であり、親和図法、連関図法、系統図法、マトリックス図法、アロー・ダイヤグラム法、PDPC法、マトリックス・データ解析法から構成されている。本書では、管理者スタッフやQCサークル活動における問題解決活動の参考となる9つのN7実践事例を紹介する。
【主要目次】
第1部 新QC七つ道具の本質/新QC七つ道具とは/問題解決と新QC七つ道具 第2部 新QC七つ道具の実践/N7、SQCを用いた問題解決へのアプローチ〜トヨタ車体でのよりよい問題解決へ向けての取組み〜 トヨタ車体(株)/お客さま満足を得るための事故情報配信システムの構築について〜お客様ニーズをもとにしたシステムへの要求事項の整理〜 関西電力(株)系統運用部門/グローバル会計システム構築によるマネジメントシステムの革新 サンデン(株)生産本部 IT管理部/出願日数目標の達成に向けた活動 アイシン・エイ・ダブリュ(株)知的財産部 A/T特許G/お客様サービス業務における品質評価手法の見直しについて 関西電力(株)営業部門/ライフサイクルコスト分析による電柱仕様と運用の最適化 関西電力(株) ネットワーク技術部門/事故災害など非常時の対応強化〜トンネル内の通風状況を的確に把握するには〜 関西電力(株)黒四管理事務所/顧客の期待に応える業務品質の改善と教育実施の事例 サンデン(株)流通システム事業部/水力発電所導水路保護システムの開発 関西電力(株) 奈良電力所奥吉野発電所