ビッグデータ時代のテーマ解決法ピレネー・ストーリー

野口 博司編著
磯貝 恭史/今里 健一郎/持田 信治著
A5判160頁
定価 2592円(税込)
ISBN978-4-8171-9542-5
買物カゴへ

【主要内容】
 本書は、現状レベルを目標レベルにもっていくために筆者らが長年にわたって研究した成果である、新たなテーマ解決法「ピレネー・ストーリー」と、テーマ解決のために今後求められるビッグデータとのかかわり方について、数値データ・言語データの両面から、活用・分析していくための考え方を、具体的な手法・ツールを用いて解説している。 ピレネー・ストーリーは、産業界をはじめ、あらゆる場面でテーマ解決に役立つ手順として、広く活用できる手法である。第1部「ピレネー・ストーリー」では、誕生の経緯から各ステップの解説、活用にあたってのテクニック、テーマ解決力と各種QC手法や統計的手法との関連など、ピレネー・ストーリーの考え方から実践にあたってのポイントにいたるまで詳細に解説している。 第2部「ビッグデータ時代への準備」では、数値データを扱うデータマイニングについて、予測の観点から各種手法を紹介し、事例を用いてそれらの性能を比較している。また、言語データを扱うテキストマイニングについて、ビッグデータから有効な情報を求める方法を説明している。
【主要目次】
第1部 ピレネー・ストーリー
     第1章 「ピレネー・ストーリー」誕生の経緯
     第2章 「ピレネー・ストーリー」の活用テクニック
     第3章 5つの基本力を支援するQC手法
     第4章 「ピレネー・ストーリー」の事例
第2部 ビッグデータ時代への準備
     第5章 予測のためのデータマイニング
     第6章 将来のテーマ解決のためのビッグデータ生成法