初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)問題と解説【第2版】

SQiPソフトウェア品質委員会編
A5判152頁
定価 2268円(税込)
ISBN978-4-8171-9555-5
買物カゴへ

【主要内容】
 本書は、日本科学技術連盟主催の「初級ソフトウェア品質技術者資格試験」に対応する問題・解説集である。本試験は、すべてのソフトウェア技術者が品質技術を身につけ、実践することにより、ソフトウェア品質の向上を実現することを目的として、品質保証部門だけではなく、開発者、テストエンジニアなどソフトウェアに携わるすべての人を対象としている。本試験は初級、中級、上級の3段階により構成されている。また、出題は「ソフトウェア品質知識体系ガイド‐SQuBOK Guide‐」をベースとして、ソフトウェア品質全般に関する知識を問う内容になっているが、2015年11月に実施された第15回の試験より、「ソフトウェア品質知識体系ガイド(第2版)‐SQuBOK Guide V2‐」をベースにして実施されている。本書は、新たな内容に即して改訂された第2版である。
【主要目次】
ソフトウェア品質技術者資格試験の内容とレベル/資格取得のメリット/出題範囲/問題と解説/品質の概念/品質マネジメントの概念/ソフトウェアの品質マネジメントの特徴/ソフトウェア品質マネジメントシステムの構築と運用/ライフサイクルプロセスのマネジメント/プロセスアセスメント・プロセス改善のマネジメント/検査のマネジメント/監査のマネジメント/教育・育成のマネジメント/法的権利・法的責任のマネジメント/意思決定のマネジメント/調達のマネジメント/リスクマネジメント/構成管理/プロジェクトマネジメント/品質計画のマネジメント/要求分析マネジメント/設計のマネジメント/実装のマネジメント/レビューのマネジメント/テストのマネジメント/品質分析・評価のマネジメント/リリース可否判定/運用のマネジメント/保守のマネジメント/メトリクス/モデル化の技法/形式手法/品質計画の技法/要求分析の技法/設計の技法/実装の技法/レビューの技法/テストの技法/品質分析・評価の技法/運用の技法/保守の技法/使用性の技法/セーフティの技法/セキュリティの技法