機密情報の保護と情報セキュリティ

畠中 伸敏著
A5判224頁
定価 3456円(税込)
ISBN978-4-8171-9575-3
買物カゴへ

【主要内容】
 今、日本の官公庁や防衛産業へのサイバー攻撃に対しては為す術もなく、脆弱性を露呈している。これらに対して本書はサイバー攻撃への対策を示唆する。また、医療情報を中心としたビッグデータの利活用は、日本が全世界に先駆けて情報のハブ化をもたらし、新薬を生み出すなどの図り知れない経済効果が期待できる。
 さらに、パーソナルデータの変化の波は、国民に個人番号を付与するマイナンバー制度の導入に至ったが、国家リスク(国家が国民を無用な統制化におくリスク)とパーソナルデータの漏えいの懸念がある。これらを払拭し、新たな産業が創出されることを解説する。
 以上のように、情報セキュリティの観点で機密情報の保護のあり方を解説する。
 
【主要目次】
第1章 機密情報とは
第2章 機密情報の漏えいのインシデントと脆弱性
第3章 情報媒体の特性と脆弱性
第4章 本人確認と生体認証
第5章 ネットワーク攻撃と防御
第6章 標的型サイバー攻撃
第7章 定性的リスク分析
第8章 個人情報保護システムの設計
第9章 組織風土の改善