IoT時代のセキュリティと品質

ダークネットの脅威と脆弱性

畠中 伸敏編著
井上 博之/佐藤 雅明/伊藤 重隆/折原 秀博/永井 庸次著
A5判224頁
定価 3456円(税込)
ISBN978-4-8171-9620-0
買物カゴへ

【主要内容】
 IoT時代においては「ものがインターネット」につながる便利さを享受する一方で、サイバー攻撃の脅威やプライバシーの侵害にさらされる懸念もあります。
本書はこのような新たな時代を迎え、IoT時代に社会がどのような変貌を遂げようとしているのか、そこに至る課題は何かを自動車産業を例にひもとき、セキュリティや品質について解説しています。また、金融機器、社会インフラ、医療分野についても、課題やその対策について解説しています。
【主要目次】
第1章 IoTとは
第2章 IoTのセキュリティ
第3章 IoTの品質
第4章 つながる自動車のITセキュリティ
第5章 自動運転システムの現状とセキュリティ
第6章 金融機器(FinTEch、ATMシステム、POSシステム)のセキュリティ
第7章 社会インフラ(都市交通、清掃工場、水道施設)のサイバー防衛
第8章 医療ITおよびIoTと安全