進化型QFDによる技術情報の“使える化”

FMEA・DRBFM・品質工学・FTA・TRIZの効率的活用

岡 建樹著
奈良岡 悟著
A5判176頁
定価 2700円(税込)
ISBN978-4-8171-9661-3
買物カゴへ

【主要内容】
 本書は、QFD(品質機能展開)による技術情報の“見える化”を超えた“使える化”のための「進化型QFD:QFD‐Advanced」という新たなフレームワークを提案するものです。この進化型QFDによってさまざまな開発手法を連携させることで、開発プロセスにおける「悪魔のサイクル」を回避し、技術情報を効率的に活用できるようになります。
 また、進化型QFDを効果的に活用できるITシステム「iQUAVIS」について、概要と活用例を紹介しています。
【主要目次】
第1章 QFDの概要
第2章 QFD‐Advancedとは
第3章 QFD‐Advancedの未然防止手法への適用
第4章 QFD‐Advancedの設計検討における各種手法への適用
第5章 QFD‐Advancedという方法論の位置づけ
第6章  QFD‐Advancedに対応したITシステム:iQUAVIS