書籍詳細

統計解析のはなし(改訂版)
データに語らせるテクニック

  • 大村 平著
  • B6/310頁
  • 定価 2,100円(税別)
  • ISBN4-8171-8028-5
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】 本書は、「統計のはなし」が統計の入門編であるとするなら、統計の応用編とも言えるものです。しかし、単なる続編ではなく、独立した1冊の本としてまとめられています。多少は脳細胞に働いてもらわねばなりませんが、それでも四則演算を知っている方なら、どなたでも読み進めることができるでしょう。さあ、各種の区間推定、検定、抜取検査、分散分析、相関と回帰、多変量解析、数量化の方法に挑戦してください。初版発行から20余年が経ちました。現状にそぐわない用語・人名・統計値・比喩・事例などを改訂しました。

【主要目次】

【主要目次】 1.前口上 2.素人探偵ものがたり-推定のはなし、その1- 3.名探偵ものがたり-推定のはなし、その2- 4.名行司ものがたり-検定のはなし- 5.代表選手の言い分を聞く-抜取検査のはなし- 6.ばらつきをばらす法-分散分析のはなし- 7.総身に知恵はまわるのか-相関と回帰のはなし- 8.複雑さをばらす法-多変量解析のはなし- 9.なんでも数字で表わす法-数量化のはなし- 付録