書籍詳細

実験計画法特論
フィッシャー、タグチ、そしてシャイニンの合理的な使い分け

  • 宮川雅巳著
  • A5/328頁
  • 定価 4,500円(税別)
  • ISBN4-8171-9198-8
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】 実験計画法には、フィッシャー流、タグチメソッド、さらにはシャイニンメソッドといった様々な流派があるが、本書ではこれらを統括してより有益な実験結果を得られるように、それらの適切な使い分けを示すことを第1の目的としている。  さらに本書は、他書ではあまり触れられていない実験の計画面での基本的考え方、ノウハウ、手法を整理された形で解説する。  また、実験データの解析面では、繰返しのない二元配置での2因子交互作用解析、繰返しのない三元配置での3因子交互作用解析、共変量と中間特性を用いた共分散分析、そしてSN比に関する統計的仮説検定法について述べている。

【主要目次】

【主要目次】 第1章 基礎概念 1因子実験を題材にして 第2章 目的と計画 組合せ配置を題材にして      因子と特性値の分類/2つの制御因子による実験/枝分れ配置 第3章 データ解析(1)2因子交互作用解析を中心にして      直交多項式の利用/交互作用要素/FANOVAモデルと主成分分析 第4章 データ解析(2)3因子交互作用解析について      3因子交互作用の重要性/3因子交互作用をもつ/ANOVAモデル 第5章 変数探索法      部品探索法/変数探索法とその数理/タグチ流の組立品実験計画 第6章 直交表実験をめぐって      直交表の選択/推定された線点図の使い方/殆直交表 第7章 外側配置の威力      誤差因子の外側配置/信号因子と誤差因子の外側配置/機能窓法 第8章 共変量と中間特性の利用      因果推論の枠組み/共分散分析による共変量効果の調整 第9章 データ解析(3) SN比に関する検定      望目特性のSN比/量的信号量的特性の動的SN比/2値信号量的特      性の動的SN比/ 2値入出力系の動的SN比