書籍詳細

組込みソフトウェア開発はなぜうまくいかないのか
開発現場の泥沼から抜け出すために

  • 岩田 宗之著
  • A5/256頁
  • 定価 2,600円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9224-0
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】  ソフトウェア開発について考えるには、数式がたくさん出てくる難しい技術専門書を読むよりはむしろ、「説得力のある会議資料の作り方」とか「仕事を効率よく進める方法」といったビジネス書や新書を読む方がためになります。こうしたビジネス書で述べているのは、情報の整理の方法や、イメージをうまく形にする方法などです。こうしたことこそ、ソフトウェア開発における本質であるといえます。本書では、こうした背景を踏まえて、組込み系の開発者向けに、ソフトウェア工学の基本的な概念を紹介することを主目的にしています。確かに組込み分野は少し特殊な分野ですが、基本的な考え方は同じです。本書で概要を把握した後であれば、ソフトウェア工学の専門書もうまく読みこなせるのではないかと思います。本書は、組込みソフトウェア開発者のみならず、機械系、電気系設計者も読んでおきたい、ソフトウェア工学の画期的入門書です。

【主要目次】

【主要目次】 第1部 ソフトウェア開発とは何か      第1章 ソフトウェア開発に必要なこと      第2章 ソフトウェア開発という文化      第3章 組織的に開発を行うために 第2部 仕様と設計      第4章 仕様の重要性      第5章 仕様書の書き方      第6章 要求分析      第7章 仕様分析      第8章 設計とコーディング 第3部 テスト      第9章 バグとは何か      第10章 テストの方法      第11章 テストの実際 第3部 管理      第12章 管理とは何か      第13章 進捗管理      第14章 開発工程の管理