書籍詳細

継続的改善の技術
事例で学ぶTTY法とIS法の実践

  • 永原 賢造著
  • A5/224頁
  • 定価 2,800円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9260-8
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】  製品・サービスの品質は、企画・設計から製造、販売・サービスにいたるあらゆる機能の領域で継続的改善を行うと、顧客の信頼を獲得することができる。これが継続的改善を実施する理由である。 本書は、継続的改善を行うアプローチとして問題解決型のTTY(WhaT Then whY)法と課題達成型のIS(Ideal Situation)法を、成果をあげた事例とともに紹介する。さらに、継続的改善を組織で展開するノウハウも公開する。 本書の特長 ・TTY法は、起こった問題から徹底的に学んでモノ・サービスの改善からプロセスの改善へと進み、さらにシステムの改善にいたる3段階での継続的な改善方法。 ・IS法は、未経験領域の課題に「ありたい姿」をスケッチし、実現のための方策を探索しながら達成にいたる方法である。 ・継続的改善の組織的な展開方法として、「プロセスで歯止め」、「水平展開」、「スパイラルアップ」の3つの方法を具体的に展開している。

【主要目次】

【主要目次】 第1章 絶えざる改善こそが成長の源泉-継続的改善とは- 第2章 TTY法とIS法のアプローチ-TTY法とIS法とは- 第3章 TTY法による問題解決の進め方 第4章 IS法による課題達成の進め方 第5章 継続的な改善活動の組織への展開 第6章 TTY法とIS法による改善事例      TTY法による改善事例:ロッド棒曲げ部の亀裂発生の原因を究明し、対策     実施      TTY法による改善事例:品質工学を活用した電装購入部品業務プロセス      の改善 TTY法からIS法への発展事例:定格銘版設計・製作システムの構築      IS法による改善事例:計測器管理プロセスの改善