書籍詳細

QC手法の基本と活用
はじめて学ぶシリーズ

  • 山田 佳明/新倉 健一著
  • A5/152頁
  • 定価 2,000円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9344-5
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】  本書は、2008年7~12月にかけて「QCサークル」誌に掲載された「はじめて学ぶQC七つ道具」をベースに。よく用いられる新QC七つ道具も一部を加え、より実践的な内容となるよう再編集・加筆したものです。本書の構成は、QC手法を学ぶ前提としての「データを取り扱う際の常識」をまずご理解いただき、手法別に解説と演習問題を織り込んでいます。再編集に際し、QC検定4級から3級の内容により近づけることを心がけました。本書および既刊の「QCの基本と活用」により、QCが備え持つ科学性・合理性・効率性などのメリットを、より多くの方々に学んでいただき、仕事の管理・改善、そしてQCサークル活動などの小集団活動に活かしていただけます。

【主要目次】

【主要目次】 第1章 データは語る 第2章 グラフ 第3章 チェックシート 第4章 パレート図-重点指向をする道具- 第5章 特性要因図・連関図-原因を追究する道具- 第6章 ヒストグラム 第7章 散布図 第8章 管理図 第9章 代表的な新QC七つ道具 第10章 改善事例に見るQC手法の活用       トヨタ自動車(株)高岡工場「チェックマンサークル」