書籍詳細

実務に使える 実験計画法

  • 松本 哲夫/植田 敦子/小野寺 孝義著
  • A5/344頁
  • 定価 4,600円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9438-1
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】  本書は、「実験計画法セミナー」の「入門コース」と「実践コース」のテキストとして使用できるように執筆したもので、研究者、技術者をはじめとして、工程管理、品質管理、品質保証に携わる実務家に、実際の現場で役立ててもううことを目的とした。また、実験計画法の普及を考えると、セミナー受講者だけでなく、幅広く使ってもらいたい手法であるため、より多くの方が、使いやすいことを体験してもらえることも目的とした。 本書の特長:1.非直交計画を含むデータを添付のソフト(Excelのマクロ)により定型的、かつ、簡単に解析できる(非直交計画に対応できるものは殆ど見受けられない)。/2.実験改革モデル、回帰モデルなどに対し統一的扱いが可能な線形モデル理論について必要最小限度に解説し、数理的根拠を与えた(実験計画法の本には殆ど見られない)。/3.伝統的な実験計画法の筋を通し、基礎と応用を平易、かつ、コンパクトに解説。/4.一般読者(研究者、技術者、工程管理、品質管理、品質保証に携わる実務家)が実際の現場で役立てられるよう現場と手法の間のインターフェースををとれる。/5.Excel解析ソフトを当社からダウンロードできる。

【主要目次】

【主要目次】 第1章 実験計画法の生い立ちとその活用場面 第2章 基礎となる考え方 第3章 正規分布に関する検定と推定 第4章 要因配置実験 第5章 直交表による実験 第6章 ブロック因子と局所管理 第7章 分割法 第8章 線形推定・検定論 第9章 回帰分析 第10章 計数表を応答とする実験 第11章 検出力と実験の大きさ 第12章 Excel専用ソフトの活用 付表