書籍詳細

R-Mapとリスクアセスメント 手法編(上)
世界に通用する製品安全リスクアセスメント2

  • 松本 浩二監修
  • A5/136頁
  • 定価 2,000円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9527-2
  • 在庫あり

【主要内容】

【主要内容】  R-Mapは、家電製品、事務用機器、医療機器、部品メーカーなどの多くの企業で採用され、また経済産業省でも、収集した製品事故情報のリスク判断ツールとして2008年度より利用開始し、2010年に経済産業省より発行された「消費生活用製品向けリスクアセスメントのハンドブック【第1版】」および2011年発行の「リスクアセスメント・ハンドブック【実務編】」において、開発段階から使用するアセスメント手法として採用された、リスクアセスメントのオリジナル手法です。本書は、10年間にわたる日科技連R-Map実践研究会の活動を通じて得た成果を反映した、R-Map で用いられる手法を解説したものです。  すでにリスクアセスメントを実施されている事業者にとっては、より効率的かつ網羅的なリスクアセスメント手法が必要になってきていると思われます経済産業省主催の製品安全対策優良企業表彰において経済産業大臣賞を受賞された企業が、独自に開発あるいは改善して使用している手法も本書手法編の中に織り込まれているので、実践の場で活用してください。

【主要目次】

【主要目次】 第1章 開発プロセスとリスクアセスメント手法 第2章 リスクファインディング 第3章 流通事業者のカリスマバイヤー評価法 第4章 合理的に予見可能な誤使用を識別・評価する 第5章 定量的リスクバイアス評価手法