書籍詳細

サステナビリティ・ミックス
CSR、ESG、SDGs、タクソノミー、次にくるもの

  • 藤井 俊彦 著
  • A5/192頁
  • 定価 2,600円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9678-1
  • 在庫あり

【主要内容】

CSR元年とも呼ばれる2003年から、さまざまな変遷を経て進展してきた世界のサステナビリティ(持続可能性)への取組み。その現状は?そして、今後それはどのような道を歩んでいくのか?
 本書では、まず見て、そして考えてみたい。企業はサステナビリティに取り組むべきというテーゼを所与とし、結論としてその再確認を行うことを避けようと思う。まず、現在世界で起こっていることを観察し、そのうえですべきことを考えたい」と著者は言う。終章に登場する「サステナビリティ・ミックス」は、CSRの誕生からサステナビリティに深くかかわってきた著者によるメッセージである。
CSR、ESG、SDGs、タクソノミー、次に来るものとは―。

 

 

【主要目次】

第1章 企業を取り囲むサステナビリティ・マップの変貌
第2章 気候変動、マイクロプラスチック:環境イシューの潮流
第3章 人権サプライチェーン対応の今とこれから
第4章 サステナビリティとファイナンス
第5章 次世代ディスクロージャー
第6章 SDGsでイノベーション
第7章 サステナビリティ・ミックス