書籍詳細

システムのはなし 【改訂版】
複雑化・多様化へのチャレンジ

  • 大村 平著
  • B6/208頁
  • 定価 2,300円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9726-9
  • 在庫あり

【主要内容】

★試し読みする(ここをクリック)

 

 社会が複雑化、多様化の一途を辿っているため、よほど気をつけていても、その波に飲み込まれ、自分の位置を見失ってしまいます。

 しかし、自分の位置を見失わないための“何か”を身につけてさえおけば、新しい時代を生きていくための価値観が、おのずから芽生えてくるはずです。この“何か”がシステムの概念です。

 システムの概念を知らないと自分中心になってしまい、複雑な社会の全貌を理解できません。だから、自分の位置を見失ってしまいます。システムの概念を身につけてこそ、はじめて自分の位置を正しく理解できるのです。

本書では、システムを多くの要素が互いに関連を待ちながら、全体として共通の目的を達成しようとしている集合体、と定義しています。ともすると、システム=コンピュータという認識がありますが、決して、コンピュータに限定してのことではないのです。

 本書は、システムの概念についてわかりやすく説明しているので、その本質が理解できます。そして、同時に、システム=コンピュータという誤解が解けるでしょう。

 

【主要目次】

第1章 システム概念の誕生

第2章 システム化のいろいろ

第3章 システムの成り立ち

第4章 システム完成

第5章 システム工学

第6章 モデルとシミュレーション

第7章 システムの最適化

第8章 効用と意思決定

第9章 システム産業